認知症にならない!脳を老けさせない!健康脳ねっと

  
脳活パズルサイト

認知症になる直前にV字回復した理由

このままでは数年後には認知症になる・・・という状態から見事にV字回復。認知症でない方とまったく同じレベルまで回復した例が多々あります。

こうしたV字回復をした人たちはどんな共通点があるのでしょうか。


・自分の力でV字回復

V字回復を成しえた理由は、投薬治療でもなければ特別な施設での訓練でもありません。
うれしいことに
自分で対処可能な範囲のことを続けるだけで彼らは健康な状態に戻ったのです。

認知症になる前段階である状態を軽度認知障害と呼びます。このままでいると多くの人が認知症に移行する、という危険な状態です。

フィンランドのフィンガー研究という最先端の大規模な研究で、軽度認知障害の方を追跡調査した結果、およそ5割が認知症に移行、4割が軽度認知障害、1割がV字回復という結果を得ました。ここから、V字回復する人たちを研究した結果、いくつかのことを続けていけば認知症に移行する可能性をかなり下げられるということが分かったのです。

認知症予防継続的な脳トレをする(脳を使うトレーニングを取り入れる)
認知症予防継続的な運動をする(ウォーキングなど)
認知症予防食事に気を遣う(塩分、アルコールを控え、たんぱく質、野菜やフルーツをしっかりとる等)
認知症予防血圧管理(血圧を下げられるよう、塩分控えめ、肥満解消などに努める)

運動、食事については他の病気予防でもよく言われることですね。
血圧管理も、日本人の死因上位を占める脳卒中や脳梗塞等を考えれば普段から心掛けなければならないポイントです。
認知症予防特有の予防は脳を使うことでしょう。
これが最もイメージしにくい点であると思います。

具体的には、ワーキングメモリーや記憶力を鍛えることがフィンが研究では重要とされています。
認知症予防と脳活性化ワーキングメモリーとは

当サイトの脳トレーニング情報は、様々な情報から、認知症予防に効果があると考えられる情報を公開しています。
シニアレク会館などの関連リンクには実際に脳を鍛える問題も公開しています。
合わせてごらんください。



関連リンク

認知症予防と脳活性化記憶を知る
認知症予防と脳活性化ワーキングメモリーとは
認知症予防と脳活性化脳を鍛える方法とは
認知症予防と脳活性化認知症とは
認知症予防と脳活性化認知症スクリーニングテスト

スポンサードリンク