認知症にならない!脳を老けさせない!健康脳ねっと

  
脳活パズルサイト

認知症の主な予防方法

認知症は生活習慣病であるという専門家もいるほど日々の生活で防げるものになってきています。認知症の予防方法は何なのかをまとめます。


・認知症の予防法の大枠

一般的に病気の予防法と言われるもの+脳を鍛える(これが最も重要)

これが認知症予防の基本です。

例えば、
認知症の初期症状肥満
認知症の初期症状タバコ
認知症の初期症状過度な飲酒
認知症の初期症状運動不足
認知症の初期症状ストレス
認知症の初期症状偏った食生活
などは認知症の危険因子です。
がんなど、その他の病の際にも頻繁に登場する危険因子ですね。
日頃から良くないと感じ、できるなら解消したいと常日頃思っているリスクではないでしょうか。

認知症予防の為に特別しなければならないことと言えば脳を鍛えることくらいです。
ただ、この脳を鍛えるというのが最も重要で、認知症予防には欠かせないものです。

脳を鍛える=認知症の発症を防ぐ+認知症の進行を遅らせる

認知症予防と脳活性化脳を鍛える方法とは

脳は我々が感じる以上に可能性を秘めています。
脳をスキャンすると完全に認知症患者の脳なのに、本人は問題なく日常生活を送れており、認知症の症状がないという例もあります。
これは脳が強いからです。脳細胞が死滅して脳が委縮し、スキャンでは認知症と診断される脳であっても、残った脳細胞同士が強固に結びつき、多くの情報を巡らせることが出来る強い脳を作ることが出来ていたという例です。
また、脳を鍛えることは脳細胞の死滅を防ぐことにもなります。
認知症予防と脳活性化脳を鍛える方法とは



関連リンク

認知症予防と脳活性化脳に良い習慣30
認知症予防と脳活性化脳に悪い習慣30
認知症予防と脳活性化脳を鍛える方法とは
認知症予防と脳活性化認知症とは
認知症予防と脳活性化アルツハイマー型認知症について
認知症予防と脳活性化脳血管性認知症について
認知症予防と脳活性化認知症の初期症状
認知症予防と脳活性化通常の物忘れと認知症の物忘れの違い
認知症予防と脳活性化認知症スクリーニングテスト

スポンサードリンク