認知症にならない!脳を老けさせない!健康脳ねっと

  
脳活パズルサイト

脳を鍛えるとは

脳を鍛える、とはどういうことでしょうか。
体を鍛える、なら想像できますね。筋トレとか栄養十分なものを食べるとか。

脳も体と同様に、鍛えることで強くすることが出来ます。
脳を強くすることで、認知症予防にもなり、高齢になっても回転の速いシャキッとした脳でいられます。

筋肉のように目に見えてわかりやすいことはないので、ピンとこないかもしれませんが、脳は使うことでいくらでも鍛えることができます。筋肉と同じで、脳もやればやるだけ答えてくれます。
また、脳は使うことで成長していきます。

この成長するはポイントです。脳はいつまでも成長しているのです。決して老化して脳がダメになる、ということはなく、高齢になればなるほど頭はよくなっているとも言えます(→結晶性知能)。

ここでは、脳を鍛えるとはどういうことなのか、ご紹介しようと思います。


・脳を鍛えることが認知症予防になる理由
認知症予防と脳活性化よく使う神経回路は太く、強くなる
※脳を使うことで脳を鍛えられる理由

認知症予防と脳活性化脳を使うとは?脳が活性化すること、しないこと
※脳を鍛えるためには使うこと!どんな時脳は活発になっているのでしょうか。

認知症予防と脳活性化認知予備力を高めることができる
※認知予備力が高いと脳が認知症でも症状がでない!?

認知症予防と脳活性化脳を使うことで神経細胞が死ぬのを止められる
※神経細胞は1日約10万個というスピードで死滅しています。

認知症予防と脳活性化脳細胞は増える!より増やすには?
※最近の研究で脳細胞は増やせる ことがわかってきました。

認知症予防と脳活性化誰でも頭は年を取るほど良くなっている!→結晶性知能
※「結晶性知能」は平均で60代がピーク頭を使えばピークはもっともっと先に



関連リンク

認知症予防と脳活性化よく使う神経回路は太く、強くなる
認知症予防と脳活性化脳を使うとは?脳が活性化すること、しないこと
認知症予防と脳活性化認知予備力を高めることができる
認知症予防と脳活性化脳を使うことで神経細胞が死ぬのを止められる
認知症予防と脳活性化脳細胞は増える!より増やすには?
認知症予防と脳活性化誰でも頭は年を取るほど良くなっている!→結晶性知能

スポンサードリンク