認知症にならない!脳を老けさせない!健康脳ねっと

  
脳活パズルサイト

殴り書きが記憶を強くする理由

学生時代、テスト勉強の時に英単語や漢字を紙に何度も何度も書きなぐって覚えた、という人は多いでしょう。私もその一人です。

なぜ、何度も書くと覚えられるのでしょう?反復が大切だ、というのはなぜなのでしょうか。


・脳は必要ないものは忘れる機能が備わっている

脳は忘れることが大得意です。覚えるより忘れるほうが得意でしょう。
これは記憶するものを選ばないと脳のメモリがいっぱいになってしまうからなので、非常に重要なことなのですが、同時に覚えるのには苦労することになります。

忘れるようにできている脳に、何度も書くことで「これ、必要ない情報じゃないから。重要だからね!」と教えているのです。

暗記カードを作ったり、同じ漢字でノートの1ページを埋め尽くすのは理にかなった方法だったということですね。



関連リンク

認知症予防と脳活性化記憶違いがなぜこうも起こるのか
認知症予防と脳活性化記憶の可塑性とは
認知症予防と脳活性化年齢とともに衰える記憶とそうでない記憶
認知症予防と脳活性化一夜漬けは正しい勉強方法なのか
認知症予防と脳活性化感情を揺さぶる記憶を忘れない理由
認知症予防と脳活性化記憶とは 記憶の種類
認知症予防と脳活性化短期記憶と長期記憶
認知症予防と脳活性化記銘・固定・保持・想起
認知症予防と脳活性化ワーキングメモリーについて

スポンサードリンク